県境稜線 R 駒ヶ岳~熊川(国道303号線)

 熊川は、昔の鯖街道の中継地の熊川宿として知られ、現在昔の宿場町が復元、保存されている。
 駒ヶ岳から明神谷分岐(P744の手前)の間は以前遊歩道が整備され、今も気持ちの良い尾根歩きを楽しめるコースである。明神谷分岐からは、福井県側の林道に下る道があり、林道を経由して駒ヶ岳の登山口のある白石神社跡に行くことができる。なお、駒ヶ岳から約15分の所に、駒ヶ越の道が滋賀県側に向かって下っている。
 またこの先も、P693までは中央分水嶺の高島トレールとして良く歩かれているが、植林帯であまり楽しくない。
 その先は道はないものの、薮漕ぎの必要はない。ブナ林やカエデの森など、気持ちのよう所が次々と現れ、楽しい尾根歩きが出来る。ただし、何箇所か注意すべき所もあるので、しっかりと読図しながら進んでほしい。熊川手前のP487から先は滋賀県側の採石(土)場の境を歩くことになる。充分注意して進んでほしい。


コース紹介

 

コース案内は、「駒ヶ岳~明神谷分岐点」と「熊川から明神谷分岐点」に分けて紹介する。
<駒ヶ岳~明神谷分岐点>
 駒ヶ岳山頂から、キャンプ場方面へ10分程戻ると、右手に明神谷への標識がある。右手方向へ向かうと、こちらにもブナ林の緩やかな尾根が続いている。この尾根は、県境尾根であり、以前道が整備されこともあって、現在も快適な道が残っている。秋には、すばらしい紅葉の森が見られる。なだらかな下りの後、二つ目の小ピークで、道は南東方向に曲がる。さらに小さなピークを越えると、道は稜線からはずれ、左手に入っていくが、ここには小さな池がある。水がある時期には、すばらしい雰囲気の所である。池の左手を回り込み、稜線に戻り、さらに稜線を進む。緩やかな登りを続けると、P744手前の明神谷への分岐に着く。ここから、明神谷の林道へ下って行くが、この分岐には立派な標識がある。ここまで、駒ヶ岳山頂から、1時間程である。

<熊川から明神谷分岐点>
 国道303号線の福井・滋賀県境にある天増川入口バス停から登り出す。コンクリートの階段を登ってから、しばらく沢沿いに歩くと沢が二股に別れるので、その間の尾根を登るのが正解である。(県境はその尾根の左の沢沿いであるが、県境が尾根に達するあたりは、滋賀県側の砂利採取現場となり、崖のため歩けないようです。)今回は、取り付きの尾根を間違え、さらに一本右の尾根を登ってしまったので、その内容を紹介する。
 階段を登りきった所で、沢を右に渡り、杉林の中の急斜面を右手の尾根を目指して登る。尾根に出ると、深く掘られた古道のような道がある。とても急で、道というよりは、材木などを下ろすのに使った跡の溝のようである。急登を続けると、やがて勾配が少し緩やかになり、左手には木の間から赤茶けた所が見える。ここが砂利採取現場のようである。綺麗な林が広がるようになると、左手の本来登る予定の尾根が近づいてくる。沢の源頭部を横切り、その尾根に登ってみると、そこは砂利採取現場の最上部であった。滋賀県側は切り取られて、崖になっており、県境尾根の下のほうも、県境に沿って切り取られていた。そこからしばらくで、P487に着く。
 そこからは、なだらかな尾根が続き、左手が植林、右手が自然林となっている。右から、左からと尾根が合流し、すぐに、三等三角点559.6mに着く。
 ここからは一旦西向きに進み、緩やかに左手に曲がっていく。この辺り、トリカブトの群生で、左手が植林のパターンが続く。次の小ピークで右に曲がると、植林がなくなる。さらにこの先で右に曲がると、今度は右手に植林が現れる。この辺りは歩きやすい尾根で、しばらくで、P487に着く。
 このピークは広く、行く方向がわかりにくい。一旦、西方向に進み、左手に回り込むように行くと良い。植林が消え、綺麗な林が広がる。やがて尾根は右に曲がるが、この辺りはカエデの木が多い。なだらかで、気持ちの良い所である。やがて尾根は左に緩やかに曲がり、尾根は細くなり、植林が出てくる。登りに差し掛かると、植林は消え、綺麗な尾根となり、P562に着く。
 このピークを過ぎると、植林交じりの尾根となり、鬱陶しい。次のピークでは、左に尾根があり、右に折れる。植林はなくなるが、尾根上に潅木が生え込み、歩き難い。これも、少しで、歩き易い、綺麗な尾根道となる。この辺りも、カエデが多い。次の小ピークで尾根は緩やかに右に曲がる。少し下って、広い尾根を緩やかに登っていくと、P628に着く。このピークは植林の中で鬱陶しい。
 ここで右に曲がり、両側植林の尾根道を進む。次の小ピークでは植林も消える。次の小ピークで、植林が現れるが、すぐに気持ちの良い尾根道となる。細長いピークを越えると、すばらしい尾根道となり、P641に着く。
 この辺りはこのコースで最も気持ち良い場所で、なだらかな尾根が続く。P693の登りに差し掛かると山は少し荒れた感じとなり、左手にこんもりとした植林が現れると、平らな山頂のP693に着く。ここには、「駒ヶ岳」「横谷越」の標識がある。
 ここでは左手に曲がるが、直進しないように要注意である。ここからは、中央分水嶺で、最近は高島トレイルとして良く歩かれている。ただし、植林の中で、楽しくない道である。急に下って、緩やかに登っていくと、杉林の中のP744に着く。
 ここからも植林の中の尾根道を進むと、左手に林道が現れ、すぐに、明神谷に下る道の分岐に着く。

コースタイム

<駒ヶ岳~明神谷分岐点>
駒ヶ岳→60分→明神谷分岐点

 

<熊川から明神谷分岐点>
天増川入口バス停→1時間15分→P487→20分→三角点559.6→25分→P487→45分→P562→30分→P628→30分→P641→15分→P693→30分→P744→5分→明神谷分岐点

地  図