県境稜線 A 正面崎~塩汲峠

若狭の県境稜線は、高浜町・内浦湾の西端、正面崎から始まる。鎌倉地区にある塩汲峠を経て、青葉山西峰を経由し、国道27号線・吉坂トンネル上部の吉坂峠に至る。
 この区間では、松尾寺から青葉山に登る登山道が、一部この稜線を通過しているが、それ以外の区間については、一般的に歩ける道はない。
 正面崎~鎌倉地区の塩汲峠までの内、正面崎から舞鶴カントリークラブ(ゴルフ場)近くまでの尾根は、概ね尾根上に獣道程度の踏み跡があり、藪こぎの必要はあまりない。ゴルフ場から先は、藪も待っており、一筋縄ではいかない。
 また、塩汲峠~青葉山を経て、吉坂峠に至るルートも楽しく歩けるようなコースではなく、藪こぎもしながら、ひたすら県境ルートを探しながら、歩くことになる。


コース紹介

 正面崎は、内浦湾の西側に位置している。半島の福井県側の一番先の集落は、上瀬集落で、ここから海岸沿いに正面崎には行けないので、上瀬集落から一旦、県境稜線に登り、そこから稜線沿いに正面崎を往復し、塩汲峠を目指すことにする。
 漁協関係の方にお願いした上で、漁港の駐車場に駐車させてもらう。集落上部の神社の裏手から、稜線を目指す。裏手は急斜面なので、我々は少し左手の集落内の道を利用して、尾根に取りついた。植林の中を登るが、時折、石垣も出てきたり、作業道のようなものもある。最後の方は急斜面となり、約40分で、県境稜線に出た。出た所は、地図にある峠道よりも、かなりP253に近い所であった。
 ここから、P253を越えて、正面崎を目指す。稜線上に道はないものの、藪のようなものはほとんどなく、楽に歩くことが出来る。ピークを越えてしばらく行くと、前方に大岩が現れる。稜線は左側が切れ落ちており、右の斜面を使って、大岩の上部にある広場に出る。椿などの林となっていて、休憩に良い。ここまで、稜線に出た所から30分ほどである。この広場は、標高70m程であるが、その先は急斜面となって、海へと続いている。ザイル等を使って下ることも出来そうであるが、我々としては、ここを県境稜線の西端とした。
 再度、ピークを越えて、東に進む。急な斜面を下った所に峠道があり、集落に疫病が持ち込まれないようにと、毎年、峠に置かれるという木の札があった。ここは、地図に点線で書かれた道が稜線を横断する所である。ここまで、大岩の広場から、50分程である。
 この先は、ゆっくりとしたアップダウンが続く。大木も時折現れ、気持ちの良い、歩き易い尾根である。ピークを二つ越え、鞍部から、はっきりとした尾根をゆっくり登ると、次の鞍部となり、そこには峠道がある。ここにも木の札が置かれていた。なお、この場所は、地図上の点線交差点より、P206に近い所である。そこからは、稜線上は少し藪っぽくなるが、左手に巻き道が通っている。しばらくすると、広葉樹の尾根となり、右手に大岩も現れる。さらに登っていくと、360m程のピークに着く。そこからは一旦下り、広々とした鞍部を経由し、再び登り出す。この先は、左手が植林、右手が自然林の境界を歩くようになり、やがて、P427に着く。
 ここからは広々とした尾根を進み、次のピークでは、左手方向に曲がる。すぐに鞍部となるが、地図に記載の峠道は見当たらない。広々とした広葉樹の林と、植林が交互に現れ、やがて、右から尾根が合流する。ここには、送電線巡視路の標識があった。そこからすぐに、488.5mの三角点がある。三角点の傍には反射板があり、この先は、直進せずに、反射板の右手を行く。ここまで、最初の峠から、約2時間である。
 この先は、ブナなどの混じる綺麗な林があったり、吊り尾根のような場所があったりと、変化に富んだ稜線を、いくつかコブを越えながら進むと、やがてP392に着く。ここからは、二つほどピークを越えるが、二つ目のピークは、要注意である。左手に綺麗な尾根が延びているが、ここは直進する必要がある。直進すると、激下りとなり、細い尾根に乗る。小ピークを越えて、急斜面を登ると、P334に着く。そこから、南西方向に、再び激下りを続けると、やがて、ゴルフ場境界のフェンスに出る。ここまで、488.5mの三角点から、約1時間30分である。
 この先は、ゴルフ場のフェンスを右手に見ながら、進む。電気柵の点検用の道があり、歩き易い。やがて、ゴルフ場のクラブハウス、駐車場の脇を進み。駐車場の端から。再び山に入る。県境はもう少し、駐車場に沿って進むが、我々は、貯水タンクのあるピークを目指して、登った。熊笹などの藪となるが、タンクを過ぎて少し進むと、歩き易い尾根となる。ゆっくりと稜線を登ると、310mのピークに着く。ここから県境は、左折し、東方向に向かうが、斜面は非常に急で、慎重に降りれば、降りられないこともないが、我々は、安全サイドにそのまま南方向に下った。神社の祠の跡があり、しばらくは昔の参道跡のような道があった。道は、右手に行くようなので、少し軌道修正し、左手に向かって、倒れた竹藪の中を行くと、ゴルフ場への車道に出た。少し車道を歩き、再び、県境に戻った。また、竹薮の中を、倒れた竹を乗り越えながら進むと、神社の小さな祠に出た。そこからは、参道があり、すぐに、再び、車道に出た。そこから、再び山に入るが、しばらくは作業道のようなものがあり、順調に進むが、最後はひどい熊笹の藪となった。背丈を越える密集の笹で、通過にとても苦労した。何とか、熊笹の藪を抜け、塩汲峠に出ることが出来た。今回が嶺南地方の県境稜線踏査の最終区間であったが、最後が最もひどい藪で、思い出にすることが出来た。なお、塩汲峠に出る辺りは、道路斜面が急になっているので、道路に下りる際は、注意が必要である。ゴルフ場に出たところから、塩汲峠まで、2時間ほどを要した。(2012.11.25)

 

〈2017.01.11 追記〉

塩汲峠手前の熊笹の藪は、刈り込まれていました。思い出の藪もなくなり、この部分は難なく通過できます。また、道路からは、竹で手すりが作られていました。

コースタイム

上瀬漁港→(40分)→稜線→(30分)→正面崎手前→(50分)→最初の峠→(2時間)→488.5m三角点→(1時間30分)→ゴルフ場→(2時間)→塩汲峠

地  図