若狭の山と峠 11 宝尾峠

 宝尾峠は、おおい町川上から、高浜町の日置に続く峠である。おおい町側の中腹には、宝尾集落跡があるが、ここには6世紀ごろ、七堂伽藍を備えた寺があったといわれている。比較的近年まで人が住んでおり、神社の跡地などが見られる。この宝尾峠は、川上地区の人が、青葉山中腹にある松尾寺にお参りする際に利用していたと言われている。


コース紹介

①おおい町から宝尾峠を経由高浜町へ     ■対象:上級コース(宝尾峠までは、中級コース)
 国道27号線を、おおい町本郷で別れ、綾部に続く県道、通称佐分利街道を進む。約20分で、川上地区に入る。集落外れで右折し、左近前橋前橋を渡る。しばらくで、川は二股に分かれるが、左の岸谷川に入り、林道を進む。すぐに、林道は、二手に分かれるが、右の道を進む。この先は、林道も細くなり、駐車もしずらくなるので、早めに空き地を見つけて駐車した方が良いだろう。
 林道を進むと、しばらくで右手に作業小屋がある。ここまで、川上の集落から歩いて30分弱である。さらに林道を進むと、小屋から5分もしないうちに、右手に入っていく道がある。小川を渡り、右手の尾根に取り付く。最初少しわかりにくいが、すぐに杉林の中の良い道となる。林道から分かれて、5分ほどのところで、直進する道と、左手に入る道があるが、ここは左手の道にUターンするように進む。やがて、道は尾根に出るが、このあたりで、植林帯を抜け、道は古道の様子を示してくる。このあたりは、本当に気持ちの良い道で、往来が激しかったことがうかがわせられる。
 さらに進むと、やがて道は尾根の左側へと入っていく。左へ入ると、突然竹林が現れる。右手には石垣があり、このあたりが、宝尾集落跡の入口である。この先で、直進する道と、右手に上がる道がある。直進すると、集落後に入っていくが、峠への道は、右手にあるので、ここは右手の道を進む。一段高い所は、竹林となっており、その左手の下には、家の跡と見られる平地が広がっている。ここまで、林道から、約50分である。
 そこからさらに一段登ると、お地蔵さんがあり、神社の参道の入口のような小さな石の標石がある。さらにその上には、崩れてしまった五輪塔がある。峠への道は、お地蔵さんの所から右手にトラバースするようについているが、この上にある神社跡地へ寄ってこよう。五輪塔の横をまっすぐ登っていくと、しばらくで神社の跡地に着く。石垣や、階段そして本殿、拝殿跡と見られる場所があり、崩れた木材には、細工も残っている。
 地蔵さんのところへ戻って、宝尾峠をめざすことにする。道は、しばらくはしっかりしているが、だんだんとわかりにくくなる。それでも、幾分手入れされているのと、テープなどもあり、慎重に道を探せば、問題なく進める。途中、畑の跡のような所を通過すると、すぐに峠となる。集落跡から、約30分である。峠には、表示はないが、小さな石が置かれており、峠の雰囲気は十分である。
 峠からもしっかりとした道が高浜側に下っている。道は、左の尾根に向かってトラバースするようについており、慎重に道を探して歩けば10分ほどで尾根に出る。この先道は、尾根の右側についており、倒木が邪魔をしている所もあるが、概ね広い道が続いている。この先、道は右の谷に下るが、この降り口あたりが、杉林の中でわかりにくい。尾根に沿って下ること、20分ほどの所から谷に下ることになるので、気をつけて道を探してほしい。この道が見つかればさほど困難なく、沢に下ることができる。ただし、途中下草が生えている所もあるので、要注意である。尾根から分かれて、沢まで、約20分である。
 沢に下りた後は、沢沿いに下っていく。最初、左岸沿いに下るが、途中何回か沢を渡りながら下っていく。沢沿いの道は、下草が生え、歩きにくいが、沢自体が小さいのでさほどの苦労もなく降りることができる。沢に下りて、約10分で林道に出る。林道終点近くには、2台ほど駐車できるスペースがあるので、逆コースから入る場合は、ここまで車で来ることもできる。林道を下ること、25分で、高浜町日置の交差点から入った所にある、バイパス道に出る。

 

■コースタイム
 川上集落→(30分)→登り口→(50分)→宝尾集落跡→(30分)→宝尾峠→(30分)→尾根から沢に下る地点→(20分)→沢に降りる→(10分)→林道→(25分)→バイパス道

 

地図