若狭の山と峠 10 三国岳(峠)

 三国と名の付く山は、全国でいくつ位あるのであろうか。本HPでも三山紹介しているが、この三国岳は、若狭、近江、丹波を分けている山である。この山は三国峠と称されることもあるが、この地域では、一部、ピークを峠と呼び、峠を坂と呼ぶ。ここでいう峠と坂は標高差もさほどでなく、若狭と丹波を結ぶ道にふさわしい言い方なのかもしれない。
 この三国岳周辺には、それぞれの国に越える峠や坂が多くあり、木地師がよく使っていたといわれている。三国岳の西側には、野田畑峠が、また、東側にはクチクボ峠がある。両方の峠とも根来坂や知井坂のように当時の街道といった大きなものではなく、村と村をつなぐ小規模な峠道の一つであったと考えられる。
 三国岳への登山ルートとしては、以下のルートが考えられる。
①挙原集落(跡)よりクチクボ峠を経由して、三国岳へ向かうルート
②永谷集落より野田畑峠を経由し、一旦長治谷作業小屋へ下り、 三国岳へ登り返すルート
③永谷集落より野田畑峠を経由し、県境稜線上を三国岳へ向かうルート
 これらの内、①のルートが比較的すっきりしており、お奨めのコースである。ただし、このルートでもある程度の読図力は必要である。
 ②のルートは、京大演習林の散策を楽しむことの出来る良いコースであったが、現在、入林には許可が必要となっているので、注意してほしい。また、最近、野田畑峠までの間の道がはっきりしていないので、読図の出来るメンバーで登ってほしい。さらに、このコースを往復に使うと時間的に長くなるので、体力に自信のある人のみ入ってほしい。なお、帰りは、③のルートを使うことも出来る。
 ③のルートのは、野田畑峠から県境稜線を使うルートで、はっきりとした道はないものの、最近良く歩かれているようなので、踏み跡はしっかりしている。ただし、迷いやすい所もあるので、ルートファインディングのできる複数のメンバーで入山してほしい。また、野田畑峠までは、上記参照。
 以上のような状況であるので、本書ではメインルートとして、挙原集落(跡)よりクチクボ峠を経由して、三国岳へ至るルート(上記①)及びサブルートとして、野田畑峠から長治谷作業小屋を経由して三国岳(峠)至るコース(上記②)を紹介する。なお、③のルートについては、県境稜線のページを参照されたい。


コース紹介

①クチクボ峠経由で三国岳(峠)へ  ■対象:中級コース 

 小浜より車で国道162号線を南下し、名田庄村久坂の手前で、左手の橋を渡り、虫鹿野集落へ向かう。虫鹿野集落で右手に虫谷林道を分けるが、永谷方面へ直進する。やがて最後の集落である木谷集落を過ぎ、しばらく行くと、左手に皇子塚方面への矢印のある看板がある。ここは出合と呼ばれる所で、昔は分校(看板より少し手前の左手)のあった所である。ここで舗装されている道と分かれ、左の皇子塚方面へと進む。しばらくすると左手に「皇子塚」と書かれた看板があり、左手上部には昔、挙原という集落があった。現在は、廃村となっているが、ここには履中天皇の皇子の墓と伝えられる皇子塚がある。
 皇子塚からさらに進むと、道はだんだんと荒れてきて、やがて左手に合子谷(ごしゃ)谷林道を分け、鍋窪林道に入る。さらに道は荒れてくるが、合子谷谷林道の分岐から約1kmの所で右に新たな作業道を分ける。この先も林道の状態が良ければさらに車で行くことができ、最も条件が良ければ登山口まで車で入ることができる。ここでは、一応この作業道分岐から歩き始めることにする。なお、この付近には、十分な駐車スペースがある。
 ここから林道歩きを始めると、駐車地点から約20分で平成5年度に建設された堰堤に着く。川沿いの林道をさらに10分弱行くと、次の堰堤があり、そこから林道は谷を外れ右へ向かう。
坂も急となり、林道もさらに荒れてくる。右へ左へと大きく曲がりながら登山口へと向かう。6回目の曲がり角の地点の左に、尾根沿いに登る広い道があり、そこが登山口である。ここには、標識が設置されており、ここまでは、駐車地点から約1時間30分の道のりである。なお、4回目の曲がり角の所で、直進する道もあるが、ここは左へ入る道に進む。
 6回目の曲がり角の所で左の道に入ると、200m程先で太い道は終わり、尾根上の細い道となる。左側は杉の植林、右側は雑木林の間の道を進む。道に木が被さっている所もあるが、道ははっきりしており、また尾根は細いので尾根を外さないように進めば迷うことはない。所々赤いテープも巻いてあり、心強い。やがて左の植林も切れ、雑木林に囲まれた気持ちの良い緩やかな尾根を、677mのピークを目指して登る。
 登山口から約40分で677mピークに着くが、ここには三角点があり、福井県と京都府の県境稜線上である。京都府側が杉の植林で鬱蒼としているのに対し、福井県側はブナなどの広葉樹で覆われていて、とても明るく気持ちが良い。なお、この地点には、標識が設置されているが、下山する時通り過ぎないよう注意すべき地点である。
 677mピークで右折し、県境稜線上を三国岳方面に向かう。左は杉の植林、右は雑木林の間の尾根道を下って行く。一旦鞍部まで下り、ピークを一つ越えるとクチクボ峠に着く。ここには、左から京都府の生杉からの道が上がって来ており、標識もある。右には、福井県側への明瞭な道が続いているが、この道は200m程先ではっきりしなくなる。深くえぐられた峠道の少し上には「○征墓」と書かれた石碑がある。
 峠から先は、ブナ林の中の一直線の登りとなる。左側のうっとおしい杉林も消え、周囲全体が広葉樹の美しい林となる。やがて尾根が細くなり、左手に長池と呼ばれる湿地に出る。湿地の左手上部に見えるのが三国岳であり、湿地を回り込んで20mほど登れば三国岳山頂に着く。なお、山頂手前で、次項で紹介する野田畑峠からの道と合流する。
 こぢんまりとした山頂からは生杉の集落がすぐ近くに見え、周囲の木に遮られ360度の展望とはいかないが、百里ヶ岳などの山々が展望できる。なお、多人数で昼食をとる場合は、先ほどの長池の横の広場辺りが良い。下山の際には、677mピークで左の尾根に入る所を注意してほしい。

■コースタイム
 鍋窪林道途中(作業道分岐)→90分(70分)→登山口→40分(30分)→677mピーク→15分(15分)→クチクボ峠→30分(20分)→三国岳
 (  )内は、逆コースのコースタイム。

 

②野田畑峠、長治谷作業小屋を経て三国岳(峠)へ  ■対象:上級コース

 野田畑峠への若狭側の起点は名田庄村の現在は廃村になっている永谷集落である。

 小浜より名田庄村を経由して永谷集落へ向かうが、途中の出合までは前項①を参考にされたい。出合で「左:皇子塚」の看板をやり過ごし、そのまま直進するとやがて永谷集落に着き、集落を過ぎると道の舗装が切れる。この先林道が2㎞弱続き、林道終点が登山口である。普通車の場合、、集落のはずれの空き地に車を止めておいた方が良い。集落から林道終点まで歩いて30分程である。なお、4WD車で、状況によっては、その先も車で入れる。

 林道終点からいよいよ登山開始である。左側を流れる沢に降りたらすぐに右岸(上流から下流に向かって右側)へ渡る。すぐに左岸へ戻り、踏み跡程度の道を注意深く進む。この後、尾根の取り付き点までは、何回か渡渉しながら沢沿いに進む。まぎらわしい踏み跡につられて、沢から離れないように注意してほしい。林道終点から約30分で尾根への取り付き点(1/25000地図で379mと表示されている地点)に着く。ここは右側から沢が合流する地点で、本流の沢を進みながら右側からの沢の合流に注意しておく必要がある。この沢の合流点のすぐ上に取り付き点があるので、標識に従って取り付き点を見つけてほしい。

 取り付き点からは急な登りが待っている。特に雨上がりの後は、道が滑りやすいので注意が必要である。道は不明瞭なので、標識、赤テープを追いながら、慎重に進んでほしい。

 取り付き点からは、すぐに急な登りとなり、尾根をまっすぐに登っていく。杉林が多く、あまり楽しい登りではない。やがて道は、少し左側に回り込むように登っていくが、再び、尾根を直登するようになり、さらに進むと平らな所に出て、進む方向が分からなくなる。この先峠までは、わずかな距離であるが、地形が複雑で、注意を要する所である。道はやや右手に回り込むように進むので、目印に付けてあるテープ、標識を参考に峠に向かってほしい。わずかな時間で峠に着く。取り付き点から峠まで約60分である。

 野田畑峠は、こぢんまりとした峠で、峠の標識と石でできた目印がある。この峠の向こう、京都府側は京都大学の演習林で、ブナの林と熊笹に覆われており、大変美しい林である。。地形的にも福井県側とは対照的になだらかであり、峠から沢沿いに下った所にある長治谷作業小屋まで高度差30mしかない。野田畑峠から先は、入林許可が必要である。(野田畑峠までは、2017.11.12再踏査、一部修正)

 峠から京都側へ熊笹の中の踏み跡をたどると、すぐに沢に出くわす。峠のすぐ横に沢が流れているというのも妙な感じである。1/25000の地図を見ると納得できるが、この沢は峠の西側にある735mのピークから流れ出しており、最後は由良川となって、日本海に流れ込むことになる。ここからは沢に沿って下って行くことになるが、帰りにこの沢を登ってきた場合、峠への分岐を通り過ごしてしまいやすいので、帰りのために目印を見付けておいた方が良い。
 沢沿いの下り道には踏み跡程度の道があるので、それを忠実にたどる方が良い。途中何度か沢を渡ることになるが、踏み跡をたどって行けば、沢を渡りやすい。途中から作業のための明瞭な道となり、峠から約40分で、長治谷作業小屋と杉尾坂を結ぶ道に出る。この分岐には、何の標識もないので、帰り道のために、ここにも目印を付けておいた方が良い。この分岐を左に曲がり、作業小屋に向かうが、道はしっかりとしている。約20分で「直進:上谷~杉尾坂/左:サワ谷~長治谷歩道」の標識に出会う。さらにしばらく行くと、「右:地蔵峠、三国峠/直進:杉尾坂」の標識があり、その先2~3分の所に長治谷作業小屋がある。野田畑峠からここまで、約1時間強の道のりである。作業小屋周辺はきれいに整備されており、休憩には良い所であるが、作業小屋に寄らない場合は、二つ目の標識に従って三国峠(三国岳)方面に向かう。
 分岐からは、橋を渡り、地蔵峠、三国峠方面に向かう。杉林の中を進むと、すぐ左手に小さな神社(中山神社)があり、分岐から約10分で地蔵峠への道を右に分ける。やがて杉林を抜け、広葉樹林帯の中、川沿いのなだらかな道を進む。地蔵峠の分岐から約15分で沢は二俣となり、道は右の沢の右岸を高巻くように登りだす。やがて道は沢の源頭を直登するようになり、小さな稜線の直下で右に曲がり、三国岳への最後の登りとなる。二俣から約20分、長治谷作業小屋から約50分でこぢんまりとした三国岳山頂に着く。
 帰りにこのコースをを引き返す場合は、以下のポイントが間違いやすいので気を付けてほしい。まずは杉尾坂へ向かう道から野田畑峠へ向かう谷の分岐。登ってきた時に付けておいた目印を見落とさないように気を付けて進んでほしい。谷に入った後は本流からはずれないように気を付ける必要がある。右に一カ所迷い込みやすい谷があるので要注意である。また野田畑峠へ沢から離れる所も要注意である。ここも登って来た時に付けておいた目印を頼りに慎重に進んでほしい。

■ コースタイム
 永谷集落→30分(30分)→林道終点→30分(30分)→尾根取付点→60分(50分)→野田畑峠→40分(50分)→分岐 →25分(25分)→長治谷作業小屋→50分(40分)→三国岳
 (  )内は、逆コースのコースタイム。

地図