小浜山の会を紹介します

○創立   1962年

○会員数  約50名

○主な活動

  -3回/月の月例山行

  -その他個人山行、適宜

  -月2回例会(原則第一、三水曜日)

  -春、秋それぞれ一回「一緒に登りませんか」山行

○福井山岳連盟 加盟

○入会金:1,000円

○年会費:6,500円(岳連負担金込み)

 

  ⇒興味のある方は、問い合わせフォームより連絡ください。

   お待ちしています。


 (会長から一言)            

 本会が本拠地を置く小浜市は、福井県西部地域の若狭湾に面した所にあり、海のある奈良と言われています。古い社寺仏閣とともに美しい海と山に囲まれた風光明媚な土地にあり、近年は、食文化にも力を入れています。ホームグランドの裏山は、高い山でも1,000m足らずですが、ブナなどの豊かな自然と、京の都、近江の国に続く昔の峠道(鯖街道など)の名残を楽しむことができます。また、山頂から近くに海を見ることが出来るのも魅力の一つです。

 本会の会員は、老若男女を問わず、また職業も様々です。あくまでも各会員の自主性を尊重した活動を行なっており、50年を越える会の歴史において、無事故できている事も誇りです。

 活動は、この地域の山を訪ねる山行と、アルプスなどへ出かける山行をバランス良く組み合わせて行なっています。

 地域の山に関しては、登山コースを紹介するガイドブックの作成(「若狭の山・谷・峠」(昭和57年発行)、「若狭の山々」(平成13年発行)、いずれも廃刊)を行ってきましたが、現在は、HPにて、最新情報を提供しています。そのほか、登山道および登山道標識の整備活動や、新たなルートの探索活動なども行っています。

 会員数も50名を越える人数となり、活動も非常に活発化していますが、これからも登山の安全確保に力を入れていきたいと考えています。

 このような山の会ですが、興味のある方はぜひ一度お訪ね下さい。お待ちしております。

 

平成29年度役員

  会長:古谷良治   事務局長:木本 茂   事務局長補佐:井上幸一   会計:須田嗣憲